少人数だけで結婚式をあげるメリット、デメリット

きめ細かい対応が可能な少人数の結婚式

たくさんの人を招待して行う結婚式も良いですが、近頃では親族や仲の良い友人だけを招いた少人数の結婚式をする人が増えています。親族のみでの結婚式だと大体10名前後で行い、その場合は挙式を行った後食事会という流れになることが多いです。このような少人数で結婚式を行うメリットは招待客一人一人に合わせたおもてなしができ、またよく知っている顔ばかりなのでアットホームな雰囲気の中で結婚式が行えることです。親族だけなら披露宴のような演出などはむしろ必要ありません。むしろ両家の親睦を深める良い機会なのでゆっくりと料理やおしゃべりを楽しむほうが良いでしょう。少人数だと料理のメニューも柔軟に対応してくれるのでみんなが満足してくれるはずです。

会場選びが大切な少人数の結婚式

少人数の結婚式では人数に合った会場選びが大切になってきますが、少人数の場合だと選べる会場の数が限られることがあります。少人数といっても親族だけでなく親戚や友人なども招くと30人程度の式になることもあるのである程度の会場の広さが必要ですが、大きなホテルや結婚式場などでは基本的に大人数の結婚式に対応しているので少人数だと断られることも多いです。会場を選ぶ時は自分達がどんな結婚式を挙げたいかきちんとイメージしておくと決めやすくなります。少人数の結婚式は低予算で式を挙げられるというのも魅力の一つですが、会場によっては費用が割高になってしまい予算オーバーなんてこともあります。後悔のないようにしっかりとデメリットを見極めて会場を選びましょう。